デザイン原則

Design Principles

デザイン原則は「Amebaらしさ」を届けるためにどのように設計、デザインをするかの「約束事」です。

Amebaの価値やパーソナリティをユーザーが感じられるようにするため、私たちがどのように考え、どのように行動すべきかの指針にしてください。

敬意

ユーザーの価値観を尊重しましょう。

ユーザーが大事にしていることはひとりひとり異なります。それが誰かを傷つけるものでない限りは、その価値観を尊重してください。 価値観を理解するために、ユーザーをあらゆる視点で深く知ることを心がけましょう。 ユーザーの行動を観察・分析し、その背景にある気持ちを理解するようにしてください。

私たちがユーザーに何かを伝えたいとき、自分たちの価値観を押し付けていませんか?

軽快

気軽に話せる存在でいましょう。

ユーザーと私たちの間には常に会話があります。ユーザーがかしこまることなく、友人のように話ができる存在でいてください。 会話を弾ませるために、ユーザーの話に耳を傾け、気持ちの良い反応をしましょう。そして話し方には口調やテーマに一貫性をもたせてください。 これは言葉のコミュニケーションだけでなく、サービスとしてのレスポンス速度やUI操作に対するフィードバックのことも含みます。

私たちがユーザーと会話するとき、一方的な話し方をしていませんか?

情緒

ユーザーの心を動かしましょう。

ユーザーにサービスを「使ってもらう」だけでは足りません。その時々でユーザーがサービスへと共感できるようにしてください。 Amebaがただのシステムではなく、ひとりの人間であるかように、私たちの言葉や表現に人間味や親しみを込めるようにしましょう。 私たちもまたユーザーに共感し、その感情に適した言葉をかけるようにしてください。

私たちがユーザーに反応を返すとき、ただ事実だけを伝えていませんか?

歓迎

いつでも、だれでも喜んで迎え入れるようにしましょう。

ユーザーの属性や利用環境、状況はさまざまです。ユーザーがハードルを感じることがないように迎え入れ、居心地の良さを感じられるようにしてください。 使いたいときに迷わず、困らず使えるようにしましょう。初めてのひとはもちろん、常連であるほどより親密に、すぐ手助けをしてあげてください。

私たちがユーザーを迎え入れるとき、ユーザーは自分の意思で行動できていますか?