アクセシビリティ

Accessibility

誰もがいつでも、迷わず「書く」「読む」「応える」ができる状態を目指す

100年愛されるメディアを創るには、人生のステージが変わっても使える必要があります。今利用しているユーザーも、歳を重ねていきます。また、時には骨折したりメガネを忘れたりしてしまうかもしれません。いくつになっても使う状況が変わっても、どんな時でも愛されるメディアであるためには、ユーザーの障害になるデザインであってはいけません。

アクセシビリティを高めると、障害者や高齢者、子どもなど、誰もが使えるようになります。そしてそれは、いつでも使いやすいにつながります。

Amebaは、誰もがいつでも、迷わず「書く」「読む」「応える」ができるサービスを目指しています。そしてそれが、100年愛されるメディアの姿であると信じています。

多様な能力、利用方法に対する選択肢

いつも使っているユーザーでも、アクセスするタイミングや場所によっては使いづらさを抱えています。障害者や高齢者、子どもは、いつも使いづらいと感じているかもしれません。それぞれの特性を理解し、使い方を知ることで、アクセシビリティを高めましょう。

使いづらさと使い方の例

先の例を見て「全ての人が使いやすいものを作るのは無理だ」と感じてしまうかもしれません。

しかし、たとえば「視線・舌などの動きやスイッチで操作するデバイス」は、実はクリックで操作ができる画面を動かせるように作られています。「マウスでホバーした時に表示される吹き出し」は、キー操作では見ることができません。しかし「フォーカスしたときにも吹き出しが表示」されれば、キー操作でも見ることができます。「別の手段」を考えることで、アクセスできる人は確実に増えるのです。

重要なのは、あらゆる状況に備えられるよう、わかりやすく柔軟でミスに強いこと、そして自分以外の使い方を想像することです。

Spindleでデザインされている原則やコンポーネントなどは基本的にアクセシブルに作られていますが、それでも解決できない場合は複数の選択肢を用意しましょう。

Ameba Accessibility Guidelines

Amebaでは、WCAG2.1の内容を簡略化し、Amebaのサービスでよくある事例を追加したガイドラインを独自で作成しています。

Ameba Accessibility Guidelines

Spindleにおけるアクセシビリティの考え方もAmeba Accessibility Guidelinesを踏襲したものです。アクセシビリティに関する詳細な解説や事例もあります。もしも疑問に思うことがあれば、Ameba Accessibility Team(Slack: #ameba_accessibility)までご相談ください。