Ameba

Amebaらしさとは

ブランドとは、様々な経験の蓄積の結果、人々の心の中に作られるイメージや期待のことです。それは、Amebaが発信するあらゆるコミュニケーションや制作物すべてを通して形成されていきます。

Amebaのブランド = Amebaらしさをユーザーに届けるためには、まず「Amebaらしさ」が何であるかを理解する必要があります。ブランドガイドラインでは、Amebaが目指すところやその価値観について説明しています。

Amebaらしさを
体現するために

01Brand & Principles

SpindleにはAmebaを作るすべての人が「Amebaらしさ」をつくるための約束事や、それを手助けするツールやガイドラインが揃っています。

デザイン原則

Amebaらしさを作る約束事

Amebaのサービスを通じて、発信者や閲覧者といったユーザー、広告主や取引先といったパートナーとの接点において一貫した振る舞いをするためにどうあるべきかを「原則」として明記します。 「原則」は私たちを強く縛るルールではありません。良い信頼関係を築くために守りたい「約束事」です。

アクセシビリティ

誰もがいつでも、迷わず「書く」「読む」「応える」ができる状態を目指す

100年愛されるメディアを創るには、人生のステージが変わっても使える必要があります。今利用しているユーザーも、歳を重ねていきます。また、時には骨折したりメガネを忘れてしまうかもしれません。いくつになっても、使う状況が変わっても、どんな時でも愛されるメディアであるためには、ユーザーの障害になるデザインであってはいけません。

パフォーマンス

「ユーザーが望むこと」を叶えるために

Amebaにとってパフォーマンスは「ユーザーが望むこと」を叶えるために重要です。興味のある記事はできるだけ早く読みたいと思いますし、書いた記事が必要な人に届いて欲しいと望むでしょう。サービスを早く安定して提供することが、より多くの人にコンテンツを届けることにつながります。

Amebaらしさを
形作る

02Styles & Components

スタイルやコンポーネントは、Amebaらしさを伝えるための具体的な要素です。色やアイコン、タイポグラフィ、アクセシブルに設計・実装されたコンポーネントは、統合的なAmebaらしさの一貫性をもたらします。

事例から見る
Spindle

03Case studies

Spindleの事例集です。Ameba本体や関連事業などで採用が進んでいます。

  • Ameba

    日本最大規模のブログサービス「アメブロ」や、最新の芸能ニュースやゲームを無料で楽むことができます。「Ameba」でオフィシャルブログを展開する芸能人・有名人は20,000人を超え、ブログで発信される情報からたくさんの新たな記事や話題が生まれています。

  • Amebaマンガ

    電子コミックサービス 「Amebaマンガ 」 は話題のヒット作から懐かしの名作まで、250社以上のコンテンツ提供元より20万冊の電子コミックを取揃える漫画サービスです。 常時1500冊以上の無料漫画や毎日新しい話が無料で読める無料連載で気軽に漫画を楽しむことができます。

  • Ameba News

    AmebaNewsでは「ちょっと新しい日常を」をコンセプトに、芸能人・有名人のエンタメニュースを中心にお届けしています。
    ※一部UIにてスタイルやコンポーネントを採用

Spindleに貢献する

04Contribution

SpindleはAmebaのすべての人たちの協力によって成り立っています。ちょっとしたフィードバックはもちろん、具体的な改善案なども歓迎します。

  • GitHub

    SpindleのGitHubリポジトリではコンポーネントやアイコンの配布をしています。これら配布されたものへのフィードバックや改善のリクエストを受け付けています。

  • Slack

    従業員の方は、メディア統括本部のSlack内 #ameba_designsystem_spindle チャンネルにて、Spindleへのフィードバックを受け付けています。