コンテンツ

Contents

コンテンツにとって重要なことは「何をどう伝えるか」です。

このコンテンツガイドラインでは、主にAmebaとしてどう伝えるか、メッセージとしてどうあるべきかを解説しています。

Amebaはブログのようなサービス上だけではなく、カスタマーサポートやセールス、メールマガジン、SNS、色々な接点でユーザーと言葉を交わします。 その接点ごとで、Amebaの話し方や伝え方に一貫性がないと、ユーザーは戸惑い、距離を置いてしまいます。 多くの人で作られたAmebaだからこその、その声や状況にあわせた話し方のトーンはブランドボイスを元に、ひとりの人間のように振る舞うようにしてください。

話し方だけでなく、使う言葉にも一貫性を持ってください。 サービス内で使われる用語や機能の表現にも気をつけてください。ユーザーとの対話において同じことについて話しているはずなのに、表現がずれてしまうと話がうまく通じず、フラストレーションを生んでしまいます。

またちょっとした言い回しの違いであっても、ユーザーはそれを違和感として受け止めます。用語や日本語としての推奨する表現・表記については用語・表記ルールを参考にしてください。

  • ブランドボイス

    Amebaのサービスバリュー、ブランドパーソナリティからAmebaらしい声質やトーン、言葉選びをブランドボイスとして定義しています。

    詳細を見る

  • 用語・表記ルール

    一部のプロジェクトではtextlintを用いた機械的な表記チェックを試験しています。

    詳細を見る