Checkbox

主に複数の項目から任意の項目を選択するとき、または選択・未選択を切り替える時に使用します。

パターン

単一項目

単一の項目に対して、選択・未選択を切り替える時に使用します。 送信、確定ボタンを押すことによって、選んだ選択肢が有効になります。

メールアドレス入力フィールドの下に、メール通知・メールマガジンの受け取り可否の単一項目のチェックボックスがある例

複数項目

複数の項目を選択させる時に使用します。 送信、確定ボタンを押すことによって、選んだ選択肢が有効になります。

項目のレイアウトは、その個数やレイアウトに応じて判断してください。 項目数が多数の場合、不特定多数の場合にはDropDown等を検討してください。

ボタンのレイアウト例

状態

Checkboxの選択・未選択、非活性時の表示と、Tabキー操作によるフォーカスのスタイルです。

ボタンのレイアウト例

アクセシビリティ

現在作成中です。